霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

霧島市で腰痛と自律神経症状(便秘・下痢・生理痛・めまい)にアプローチします

横隔膜・呼吸が腰痛と関係があるのはなぜなんだろう

こんにちは、霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGAです。

 


今回は、呼吸をするための筋肉である横隔膜と腰痛について記事にしてみました。

一般の方はあまりピンとこないかもしれませんが、クシャミでぎっくり腰になったという話、よく耳にしますよね。

 


・腰痛になる前から深呼吸がしづらくなります。

・クシャミでぎっくり腰になることがあります。

 


少しでも興味がある方は読んでみてください。

 


横隔膜はみぞおちあたりにある筋肉で、収縮することで空気を吸い込むことができます。

力が緩まることで肺に入った空気を吐き出すことができます。

f:id:seitai-oga:20190218080709j:image


吸気(吸うとき)は交感神経優位に働き、呼気(吐くとき)は副交感神経優位に働きます。

だから気持ちを落ち着かせるための深呼吸は呼気を長くすることが勧められるんですね。

 


横隔膜は、肋骨部(上部)と脚部(下部)に分けられます。

肋骨部は呼吸に作用し、脚部は姿勢に作用します。

肋骨部の機能が低下することによって胸部(肺や心臓)の不調につながるかもしれませんし、

脚部の機能が低下することによって猫背姿勢になるかもしれません。

 


この横隔膜が緊張することによって腹腔の圧力が高くなります。

腹筋も硬くなります。そうなると脊椎に対する圧力も高くなり、脊柱にの神経に圧迫をしてしまったり、背骨の神経を引っ張ってしまってしまいます。

 


脊骨が圧迫されることによってその部分の血流不足、酸欠になってしまいます。

酸欠になった背骨に関係する部位の痛みが出やすくなります。

 


上記のように横隔膜が硬くなり腹腔の圧が高くなると、

・呼吸が浅くなり深呼吸ができない

・咳やくしゃみが腰に響く

・体感が硬くなる

といったことが起きます。

 


体幹を鍛えすぎたり、間違った鍛え方をすると、

腰痛になってしまったりするのはこのためです。

 


急性腰痛でお腹をマッサージすると効果があるのが納得できそうですね。

 


ORGAでは体幹を前後左右に倒して体幹のストレッチすることを皆さんにオススメしています。

力仕事をする人、デスクワークの人、サッカーなどコンタクトスポーツをする人は体幹が柔らかいことをオススメします。

 


ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348
LINE@

@xmu9705

生理痛の1つの要因となる、身体の硬さについて考えてみる

こんにちは、 霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGA です。

 


今回は、自律神経分野の続きで、生理痛に関係する要因の1つである、身体の硬さについてご紹介します。

 


専門用語的には「ウィメンズ・ヘルス」などと言われる分野で理学療法の世界でも近年注目されています。

私はそちらを専門にされていているセラピストのように詳しい訳ではありませんが、腰痛と便秘が関係があるように、時々相談内容の中に 「 生理痛 」 も上がってくるので少し記事にしてみます。

 


生理の時期に合わせて女性ホルモンが活発に分泌されることで子宮の収縮が始まります。

内臓は基本的に傷がついても痛むことはなく、強く収縮することによって痛みが生じるとされています。

 


消化不良や感染などにより腹痛が起きているときは、早く便を排出させようと腸が強く収縮しているのであんなにお腹が痛くなるのですね。

 


生理痛も同じようなことが言えますが、身体の硬さが要因の1つとなることもあります。

 


子宮は下腹部にあります。

下腹部周辺の腹筋群股関節周辺の靭帯が硬くなっていてどちらかに引っ張ってしまっている場合、当然子宮も引っ張られてどちらかに偏っているときがあります。

f:id:seitai-oga:20190216002823j:image


生理で子宮が十分に収縮したいときに、一方または両方に引っ張られていては十分に収縮することはできません。血液の排出がしづらいので生理期間がダラダラと長くなってしまうかもしれません。  場合によっては強く収縮して痛みを生じるかもしれません。

 

専門の先生方によると、

生理は自分でコントロール(排出)できる。

1日、数日で終わる。

痛みがないのが普通。

などと言われています。

 

腹筋群股関節周囲の靭帯を紹介しましたが、他にはどんな筋肉が関係あるのでしょう。

以下に紹介します。

 

f:id:seitai-oga:20190216002829j:imagef:id:seitai-oga:20190216002903j:image
臀筋、大腿筋膜張筋、腸脛骨帯、外側広筋、腰背腱膜などです。

背中からお尻、太ももに筋肉に関係があるのです。

股割りがあまりできなかったり、

あぐら横坐りが苦手だったり、

卍座りが苦手だったり、左右差があったり、

便秘があったりすることが考えられます。

 


これらは、最近話題の「 筋膜 」の繋がりがあることで関係が強く出ると考えられています。

 


生理痛があって股関節周囲を中心に身体が硬い人はストレッチをしてみる価値があるかもしれません。

 


以前、生理痛がひどくお薬で生理を止められて合わなかった方もいましたが、お薬で重大な疾患につながるのを防ぎながら体質に目を向けることが大切ではないでしょうか。

基本的には、どの分野もお薬とうまく付き合いながらエクササイズで改善していくことで効果が得られます。

 


生き物ですから、身体バランスと運動が大切です。

 


ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348


LINE@

@xmu9705

子供には「人に迷惑をかけるな」と教えるより「人に優しくあれ」と教えるようが賢い気がする

こんにちは、霧島市の 自律神経整体ORGA です。

 

我が家には8ヶ月になる愛娘がいます。

毎日確実に成長しているのを実感でき、よくわからないけどとりあえず今のままで良いのかな?

と思う次第です。

 

自分の経験から、子供の教師は「親」これは絶対だと思っているので、日々の生活の中で何となく心がけていることがいくつかあります。

 

子供の頃は、父親のことが大嫌いで、あまり話しないようにしていたけど、結局、口調、好きなもの、趣味が似ているし、自分の意見を述べたり、どこからか情報を持ってきたときに父親から見たこと聞いたことが出てくることが多くあります。

 

なんだか悔しいけど、よく見ていたんだな。

不器用な父に似てしまった。と葛藤しております。笑い

 

父からはよく「家族には良いけど、人に迷惑はかけるな!」と強い口調で度々言い聞かされていて、私はそれを守るようにいきてきました。(とは言っても、先生や友達にはよく迷惑をかけていました)

 

父親にも厳しく叱られたことも度々ありました。

子供の頃、両親は怖かった印象しかありません。

 

でも、大人になって気がついたことがあります。

人の目が気になる。のです。

どう思われているのだろう、嫌われていないか?

先生、野球の監督、上司などが怖い存在でした。

結局、親に怒られるのを恐れていたような気がします。

 

ここ最近、神のような看護師に出会いました。

常に他人のために頭や体を働かせている先輩。

まさに優しさの塊。

あまりに優しいので、こちらも及び腰になるほどでした。

たまに手を抜いたりしようと思っても、

「永田さんは忙しくて、いつも頑張っているわ!」

なんて褒めちぎられると

(いやいやいやいや。ヤバい!もっと頑張ろう!!チェスト〜!!!」

ってなっちゃうわけです。

 

この人に刃物を向けようと思っても(思ったことありませんが)、刃物が曲がって自分の方に向くような気になります。そんな素晴らしい人でした。

 

優しいだけではダメ、自分を殺してしまう。なんて思っていましたが、

優しさの鬼なので、ダメなものはダメ!

芯がパシッと通っています。

でも、気を緩めるところは、「それぐらいでいいんじゃない?」ってバランスを取ってくれる。

 

かなり苦労した過去もお持ちなので、優しさだけではないのでしょうが、

本当の優しさは大切、我が娘にも

「迷惑をかけるな」

ではなく、

「人に優しくあれ」

と教えたいと思ったこの頃でした。

 

成長したいなら、give and giveです。

足の冷え性について解説します

こんにちは、霧島市の 脳リハ/腰痛・自律神経整体 ORGA です。

前回、冷え性について記事にしましたが、今回は、足の冷え性に絞って記事にします。

 


体の熱の40%は筋肉によって発生しています。

筋肉は血液や体液を貯めることができるので熱源となります。

また、筋肉が収縮することでエネルギーを消費するときに熱が発生します。

女性に比べて男性の冷え性が少ないのは、筋肉量が圧倒的に男性の方が多いからなんですね。

 


しかし、その筋肉への血流量が少なくなっていいると熱の発生が行われにくくなります。

今回は、血流と筋肉の硬さの関係について解説します。

 


まずは、足に血流を送る動脈をみてみましょう。 

f:id:seitai-oga:20190210204723j:image

赤い血管は動脈で、青い血管は静脈です。

動脈で下った血流が、静脈を通って心臓に戻ります。

 


1.動脈をスムーズに通って血流を供給すること。

2.静脈をスムーズに通ってむくみを作らないこと。

が大切です。

 

筋肉などが柔らかくないと通りが悪く。

心臓へ組み上げる筋収縮力がないと心臓へ戻らずむくみます。

 


どこから冷えるかによりますが、大半は膝下から足先が冷える方が多いのでそこに焦点を当ててみます。 

先ほどの動脈・静脈の上に位置しているのが、ハムストリングスというもも裏の筋肉や下腿三頭筋というふくらはぎの筋肉です。

f:id:seitai-oga:20190210204811j:image


もう少し詳しくみてみます。 

 

f:id:seitai-oga:20190210204839j:image
上の画像は、膝の裏です。

下肢の動脈にまとわりつくようにして、

足底筋

膝窩筋

後脛骨筋

その表層には、

ヒラメ筋

ハムストリングスなどが位置します。

 


これらの筋肉をマッサージするとほとんどの人に痛みが出ます。

硬く凝り固まっているので痛いのです。

特に冷え性が強い方は痛みが強く現れます。

 


これらのふくらはぎの筋肉が硬くなると、足首が上に曲げづらくなってつま先が上がらなくなるので、歩いていてつまずくことがあるようです。

高齢者で小さな段差につまずく人は、段差の認識力が下がっていると考えられますが、実は自分が思っているほどつま先が上がっていないことが原因です。単に筋力が落ちているのではなく、筋肉が硬くなって足首の可動域が狭くなっているのです。

 


話が逸れましたが、

足首の周りも動脈にまとわりつくように細かい筋肉や腱組織が存在します。 

f:id:seitai-oga:20190210204911j:image

 

ポイントは、
筋力があって、十分伸び縮みする。

それによって、関節が大きく動く。

 


オススメの運動は

1.貧乏ゆすり (※クセにならないようにご注意ください)

2.立って背伸び運動

3.足指グーパー運動

 


要はふくらはぎの運動と指の運動です。

テレビを見ながらでもいいので試してみてください。

 


また、寒気が到来するようですから、冷えに備えて準備していきましょう。

では、ありがとうございました。

 


ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348


LINE@

@xmu9705

自律神経特集③ 冷え性

自律神経特集③冷え性

 


こんにちは、霧島市の脳リハ/腰痛・自律神経整体 ORGA です。

 


今回で、自律神経特集第3弾となりました!

 


自律神経特集①原始時代に行って自律神経の働きをみてきた - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

自律神経特集②睡眠との関係 - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

自律神経特集②ー2「睡眠について」に追加して - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

 


女性のみならず、最近は男性に冷え性も増えてきているようです。

冷え性といえば、手足が冷える症状が主ですが、そもそもなぜ手足が冷えるのでしょうか?

自律神経や整体がどのような形で関係しているのでしょうか。

 


自律神経の働きの一つに体温調整があります。

体が一気に火照って熱くなるのも自律神経の仕業で、「私、更年期かしら!?」なんて職場のお姉様方が口口に言っていたあれも自立神経が関係します。

 


基本的には、身体の40%以上は筋肉が熱を作っています。

男性の方が筋肉量が多くなりますから、女性の方が冷え性が多いのは納得できると思います。

もう一つ保温性として体脂肪が関係するので、体脂肪率も筋肉量もの低い男性は冷えやすくなります。

 


筋肉が収縮することで熱を生み出すわけですが、もう一つ体温に関係する大事なもの。

「 血 液 」  です!!

「 血 流 」  です!!

 


つまり

 


「 血 管 」  です!!

 


血管が広がったり、狭くなったりして血流を調整します。

その血管の太さを調整するのが、自律神経なんです。

 


原始人がマンモスと遭遇した時、交感神経が働いて筋肉に緊張が走りました。熱が発生しました。運動には酸素が必要です。筋肉に酸素を運ぶために筋肉へ向かう血管を広げて筋肉への血流量を増やします。

 


体温が高くなるので、熱を発散させないといけません。

無数の毛細血管を広げることで血液が持った熱が空気中に発散されます。

それは、汗として体外に出ることで気化し、熱を奪います。

 


睡眠についても触れましょう。

睡眠時は体温が低い状態になります。

寝る前は手足が冷えてきますよね。

体温が冷えてくると、保温状態に切り換えるために血管を収縮させます。

手や足というのは、毛細血管が多いので熱を発散させやすい構造です。

その部分に血流を送ってしまうと、手足に送った血液は冷えやすくなります。

体温を保ちたいので、手足の血流は減らすわけです。

 


もともと体温が低い方は、それ以上体温を下げたくないので手足の血流を止めたいわけです。血流が行かなくなった手足はみるみる冷えていくことになります。

 


冷えの問題を整体的にどうやってアプローチするのか??

 


冷え性では自律神経などの関係で、血管の拡張や収縮に影響させることがわかりましたが、整体ではどのようにして改善を目指すのでしょうか。

 


まずは、血管を締め付けたりして血流障害を生んでいる部分がないか探します。

例えば、足で言えばひざ関節の後方に膝窩筋がありこれが硬くなると硬い動脈を締め付ける可能性があります。実際、ふくらはぎの筋肉をしっかりとほぐすと足が熱くなってくる人がいます。

手でいうと円回内筋などが関与しやすく、アプローチする必要があります。

 


これらの方法・視点は解剖に基づいた考え方が中心になります。

 


では、自律神経の影響で血管の働きにエラーが出ている場合。

神経の働きが悪い場合は、筋肉をいじっても変化しないことが多くあるようです。

この場合は、血管から自律神経に働きかけて調整します。

 


血管の収縮律を変えるように刺激を加えて自律神経にリズムが違うことを認識してもらいます。

 


文章にすると難しいですが、方法としてはとてもシンプルです。

手でほぐしたり、リズムをつけるように振動さえていきます。

 


身体バランスを整えてから、一番効果が期待できるのは運動です。

ウォーキングなど簡単な運動でいいのでできる運動をしてみて下さい。

 


以上、ありがとうございました。

 

 

 

霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGA

ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348


LINE@

@xmu9705

転んだ後、右肩から脇腹が痛い

こんにちは、霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGA です。


今回は、転倒して右肩を打撲した方です。

その後、3週間ぐらい経ちましたが、痛みは続いているようです。

横になっていても痛みがあるようで、ズキズキと疼くような痛みだそうです。


痛みには、色々な種類がありますし、人によって感じ方、さらに表現の仕方が違うので慎重に問診していかないと原因を特定することは難しくなります。


寝ている時も痛みがあるようですが、痛む場所は極限的です。

胸全体が痛かったり、運動との関連がない場合などは、内臓の病気の可能性があるので注意が必要です。


さらにこの方の場合、骨折もあったのでそちらとの判別も難しくなります。


軽く関節を動かしましたが、骨折の影響もさほど強くない印象です。


そこで、筋肉を丁寧にみていきました。

大胸筋と三角筋という筋肉にゴリゴリとした塊を感じました。

押すと同時に痛みが走ります!

右肩と胸に痛みが走りました。

f:id:seitai-oga:20190130222607j:image


時間をかけてほぐすと、肩を動かした時の痛みは軽減しました。

その夜の夜間痛も軽減してよく眠れたようでした。


今回の、Hさんは内臓疾患も多く、骨折もあって痛みの判別が難しいケースでした。

判別と積極施術するまでは数回かかりましたが、いまはよくの痛みもほとんど無くなって良かったです。


これからは、内臓と骨折の治療に専念していただきたいです。

 

以上、ありがとうございました。


ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348


LINE@

@xmu9705

自律神経特集②ー2「睡眠について」に追加して

こんにちは、霧島市の 腰痛・自律神経整体 ORGA です。

 

前回は、睡眠について、体温調整と体の柔軟性の重要性を紹介しました。

もう一つ、必要なことがあったので、追加して超簡単に記事にします。

 

自律神経特集①原始時代に行って自律神経の働きをみてきた - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

自律神経特集②睡眠との関係 - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

自律神経特集③ 冷え性 - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

 

それは、「 体力 」

よく寝る人って、なんだか元気なんです。

ゴロゴロではありません。

長時間深く寝ることって結構難しいことです。

 

血圧が低かったり精神的に病んでいてぐったりとしているのとは違います。

 

実は、睡眠は体力が必要なんです。

体力があれば日中は活動的に動くことができて、体力があれば精神的にも活発になれます。

リズムや適度な疲労が生まれ、覚醒から16時間ぐらい経過した頃に睡眠を促す物質が十分蓄積されます。

 

全員ではないですが、不眠を訴えてくる人の中には体力がない人が結構います。

不眠で悩んでいる人は、体力をつけるためにウォーキングやジョギングをしてみてください。

ちなみに、続けるコツは「距離」で目標設定するのではなく、「時間」で目標設定します。

毎日、5分外に出る。

慣れてきらから10分外に出る。

といった感じ。距離を目標にしてしまうと、帰ってこれなくなります。

時間は頑張らなくても過ぎます。その時間で気づくことがあるかもしれません。

ぜひ試してみてください。

 

自律神経特集①原始時代に行って自律神経の働きをみてきた - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

自律神経特集②睡眠との関係 - 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAの施術日記

 

ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348

LINE@

@xmu9705