霧島市の筋膜・骨格調整整体ORGAの施術日記

霧島市で腰痛と自律神経症状(便秘・下痢・生理痛・めまい)にアプローチします

お尻のシビレ(霧島市)

こんにちは、霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGA のながたです。

 

お尻周りの痛みやシビレが発生する人はたくさんいます。

シビレの症状は、神経の圧迫や筋肉のコリ、循環障害など様々な原因が考えられます。

脳血管障害の場合は、中枢性抑制の影響が考えられます。部位や症状の出方などいろいろな情報から原因を絞ります。

f:id:seitai-oga:20181220223221j:image

そして、お尻の症状は、殿筋脊柱起立筋ハムストリングス腹筋など様々な筋肉が原因として考えられます。


まずは、筋肉や筋膜など変化が起こりやすい組織のコリの影響を考えますが、長期間続いた症状や重症化した場合は、関節などの変性・変形も考えます。他にも鑑別するためにいろいろな組織のことを考えて原因を探りますが、難しい話なのでここでは割愛・・・。


腰部、臀部周辺の症状なので、体幹を曲げたり、股関節を曲げたりして検査します。

今回は、体幹の前屈よりも後屈・後ろに反らす動きでシビレが強くでました


また、股関節を動かしてもシビレが出やすい状態でした

股関節の前の筋肉が伸びてシビれるのか?

股関節の後ろの筋肉の縮み方が悪いのか?

どちらか一方だけが悪いということはあまりありませんから、両方の動きを調整します。

今回は、特に股関節の後ろの筋肉の動きを入念に調整しました

 

加えて、腹筋を中心に調整して、背筋などの動きをよくすると軽減しました。

お尻だけではなく、痛む部分の上下の部位が壊れていることが多いのです。

殿筋にも直接の痛みがあり、殿筋もほぐしておきました。

 

上記のように、お尻のシビレは殿筋以外にも腹筋や背筋、頸部の筋肉までみていくことが大切です。

 


ORGAホームページ

https://seitai-oga.com

 

LINE@

f:id:seitai-oga:20181220222217j:image