霧島市の筋膜・骨格調整整体ORGAの施術日記

霧島市で腰痛と自律神経症状(便秘・下痢・生理痛・めまい)にアプローチします

ORGAのナガタがギックリ腰を繰り返した話

こんにちは、霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGA です。

 

1.はじめに

今回は、セラピストである私がギックリ腰を繰り返した過去の話をしてみたいと思います。

その回数、なんと年に4回!!

しかも、2年連続!!

 

恥ずかしい限りで、何が何だかわからない状態です。

当時は、またやった!!なんてネタにしていましたが、リハビリの仕事ですし、仕事はつらいし良いことなんて1つもなかったですよ。

 

ただ、痛みを実感できた事で患者さんの辛さを実感できたことは良かったし、ギックリ腰ってこんな感じで生活するんだ…。ってある意味勉強になりました。

そのうち、「あっ!そろそろやりそう。」なんて予測できるようにもなりました。

実はこれ本当に大切なこと。自分の体の状態を感知できることで痛みを回避することもできます。

 

2.当時の生活

はじめてギックリ腰になったのは、理学療法士の養成校に通う学生時代でした。忘れもしません。最終3年生の長期臨床実習の1期目でした。

理学療法士になるには病院などの現場で実習をしてもらい実際の患者さんに身体をおかりして経験を積むことが必須となっています。

私の時は、3週間の評価実習、8週間の長期実習、6週間の長期実習、6週間の長期実習。合計23週間の実習で合格をもらうことが必要でした。ちなみに成績はおまけ付きの「優・優・優・良」で頑張りました。

 

1期目の実習は、沖縄県のある病院でした。

朝は7時に病院に着き、すぐに回診。

その後、リハビリの見学を中心に行い、担当の患者さん2人のリハビリをさせて頂きます。

20時から病院の先生の個別指導があり、21時〜22時に帰宅。食事と風呂を一瞬で済ませて、4時ごろまで時には数日間徹夜で患者さんについて調べ、自分の考えをレポートしていました。

病院の廊下を歩きながら寝てしまったこともありました。

それでもレポートは書かないといけないし寝ている時間なんてないので、うっかり寝ないためにアパートではタバコとコーヒーを常に口にして覚醒させていました。

 

見学中はいつでもメモが取れるようにペンとメモをかまえ、直立不動またはしゃがみっ放し、腰から足先までガッチガチ。

帰ると栄養や休息はそこそこにPCの前に6時間以上貼り付けられていました。

 

私は手が抜けないタイプだったのでここまでしていました。

当時の私には手の抜き方を教えたいですね。

その方が効率上がるし、良いものができる。

 

この見学が厄介だったんです。

40分〜1時間、立ちorしゃがみの銅像状態が1日続き、そして麻痺患者さんを抱えての慣れない歩行訓練。

工事用ハンマーで腰をバッシバシ叩いているようなもんですわ。

 

その後、実習地が変わる度に「ギクッ」「ギクッ」っといくわけです。

 

就職してからは、毎日のように麻痺で立てない人を後ろから担いで歩かせる毎日。

多い時で5人担ぎました。

その頃はかなり下手っぴだったので…新人の頃にも年に数回ギクっといきました。

 

3.ギックリ回避のために何をしたのか

このままでは生きていけないと感じた私は何をしたのか。

ズバリ、ストレッチ!

そして身体の使い方を見直しました。

 

腰回り、太ももからふくらはぎの筋肉は硬いままだったので、自分でマッサージしてストレッチして柔らかくしました。

 

仕事を辞めるわけにはいかないので、ケア、予防が大切です。

また硬くなるのは当たり前です。骨盤矯正したってまた戻りますよ。

毎日の繰り返しなんだから当たり前。

 

ただ毎日の繰り返しも少し変えれば負担は軽減できます。

重心の位置を意識して腰などに負担がかかりづらい身体の使い方を意識しました。

毎日毎日コツコツと。

 

4.ストレッチと身体の使い方を意識した結果

今では、それ以来ギックリ腰になっていません。

また、痛みが出そうになる前に対処できるようになりました。

私の場合は、ギックリ腰が来る前に必ずふくらはぎの疲労が溜まります。

そんな時は仕事内容や姿勢を見直して、ストレッチを積極的に行います。

これが効くんですよね。ストレッチ痛いです。

特に仕事前と仕事後、仕事後はできないことあります。

仕事前にストレッチすると体が動くんですよね。全然違います。

かなりオススメです。

 

長文になってしまいましたが、ギックリ腰を繰り返した私の恥ずかしい過去を紹介しました。

当時の生活は過酷でした。実習中は1年間続きましたから不眠と緊張が。

でも、それでも回復できるんです!

諦めることはないのです。

ストレッチ、コツコツやるのは疲れます。

努力って疲れます。自分にプレッシャーですよね。

人間ってそんなに簡単に変われません。

脳がそうするように出来ているそうです。

頑張る必要はないと思います。

楽しく変われる方法を探しましょう。

見つからないなら待ちましょう。

 

さらに長文になり始めましたので、終わります。

ありがとうございました。

 

ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348

LINE@

@xmu9705