霧島市の筋膜・骨格調整整体ORGAの施術日記

霧島市で腰痛と自律神経症状(便秘・下痢・生理痛・めまい)にアプローチします

散歩をしていると膝の内側が痛くなります(霧島市)

こんにちは、 霧島市の腰痛・自律神経整体ORGA です。

症例報告です。

 

今回の、ご相談は歩いている時に膝の内側が痛くなる。

f:id:seitai-oga:20190118230141j:image

 

膝の内側が痛くなる方はかなり多くいます。

変形性膝関節症は、内側が痛くなることがほとんどで、内側型、外側型と分類されます。

膝の変形は、O脚が多くて、CT検査でも膝関節の内側がすり減っているとよく言われます。

 

今回の男性も膝の内側が痛むようです。

この写真のように、膝の内側の痛みには内側広筋という太ももの前の内側の筋肉が関係します。

f:id:seitai-oga:20190118230141j:image

 

膝の内側がすり減っていると説明を受けることが多いようですが、必ずしも痛みと変形が比例するとは限りません。

 

変形がなくても痛みがある人も多くいます。

 

変形が酷くても痛みがない人もいます。

 

以前、デイサービスに勤務している時のことです。

ものすごいO脚でめっちゃ変形しているおばあちゃんがいました。

本人はもう歳だからといって、整形外科などに通院して直そうといった考えはないようです。

「あんたに任せるよ。」といったスタンスでした。

 

太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉がとても硬かったので、これは改善してみないとわからないな。と思い、コツコツと足の筋肉をケアしました。

 

すると、1ー2ヶ月経った頃でしょうか、歩く時や立ち上がる時に「アイタ、アイタ。」と言わなくなったので、「最近膝の痛みはどう?」と聞くと、「そういえがあまり痛くないねぇ。」

 

膝の痛みはほとんどなくなり、その後消失しました。

もちろんひどい変形はどうしようもないので、変形したままです。

 

 

 

今回の男性も膝の関節の周りの筋肉の動きが悪くなっていました。

写真の筋肉を中心にほぐすことで膝の痛みは改善しました。

 

膝の痛みはその硬くなった筋肉が原因かもしれません。

手術が必要になる前に膝のケアをしましょう。

 

ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348

LINE@

@xmu9705