霧島市の筋膜・骨格調整整体ORGAの施術日記

霧島市で腰痛と自律神経症状(便秘・下痢・生理痛・めまい)にアプローチします

横隔膜・呼吸が腰痛と関係があるのはなぜなんだろう

こんにちは、霧島市の腰痛・自律神経整体 ORGAです。

 


今回は、呼吸をするための筋肉である横隔膜と腰痛について記事にしてみました。

一般の方はあまりピンとこないかもしれませんが、クシャミでぎっくり腰になったという話、よく耳にしますよね。

 


・腰痛になる前から深呼吸がしづらくなります。

・クシャミでぎっくり腰になることがあります。

 


少しでも興味がある方は読んでみてください。

 


横隔膜はみぞおちあたりにある筋肉で、収縮することで空気を吸い込むことができます。

力が緩まることで肺に入った空気を吐き出すことができます。

f:id:seitai-oga:20190218080709j:image


吸気(吸うとき)は交感神経優位に働き、呼気(吐くとき)は副交感神経優位に働きます。

だから気持ちを落ち着かせるための深呼吸は呼気を長くすることが勧められるんですね。

 


横隔膜は、肋骨部(上部)と脚部(下部)に分けられます。

肋骨部は呼吸に作用し、脚部は姿勢に作用します。

肋骨部の機能が低下することによって胸部(肺や心臓)の不調につながるかもしれませんし、

脚部の機能が低下することによって猫背姿勢になるかもしれません。

 


この横隔膜が緊張することによって腹腔の圧力が高くなります。

腹筋も硬くなります。そうなると脊椎に対する圧力も高くなり、脊柱にの神経に圧迫をしてしまったり、背骨の神経を引っ張ってしまってしまいます。

 


脊骨が圧迫されることによってその部分の血流不足、酸欠になってしまいます。

酸欠になった背骨に関係する部位の痛みが出やすくなります。

 


上記のように横隔膜が硬くなり腹腔の圧が高くなると、

・呼吸が浅くなり深呼吸ができない

・咳やくしゃみが腰に響く

・体感が硬くなる

といったことが起きます。

 


体幹を鍛えすぎたり、間違った鍛え方をすると、

腰痛になってしまったりするのはこのためです。

 


急性腰痛でお腹をマッサージすると効果があるのが納得できそうですね。

 


ORGAでは体幹を前後左右に倒して体幹のストレッチすることを皆さんにオススメしています。

力仕事をする人、デスクワークの人、サッカーなどコンタクトスポーツをする人は体幹が柔らかいことをオススメします。

 


ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348
LINE@

@xmu9705