霧島市の筋膜・骨格調整整体ORGAの施術日記

霧島市で腰痛と自律神経症状(便秘・下痢・生理痛・めまい)にアプローチします

膝の痛みは太ももの硬さから来ることがある

こんにちは、霧島市の腰痛・自律神経整体ORGAです。

今回は、膝の痛みについて

 

膝の痛みは多くの方が感じたことがある頻繁に見られる症状ではないでしょうか。

膝関節の変形が強くなってしまい、手術に至るケースも多く見られます。

 

これまでも膝の痛みに悩んでいる人を多くみてきました。

そんな方のほとんどが太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉がとても硬くなっていました。

特に美容師さんやレジで働く店員さん、調理師さんといった立ち仕事。

もちろんキッチンに立っている主婦の方も例外ではありません。

 

トリガーポイントの視点から見ても、太ももの筋肉に多くの要因が隠れていることがわかります。

f:id:seitai-oga:20190223070241j:imagef:id:seitai-oga:20190223070246j:imagef:id:seitai-oga:20190223070254j:imagef:id:seitai-oga:20190223070236j:imagef:id:seitai-oga:20190223070232j:imagef:id:seitai-oga:20190223070250j:imagef:id:seitai-oga:20190223070257j:image

 

長時間立ちっぱなしでいると、人間は楽をするために重心を大きく外側や前方にズラして、筋肉の働きを抑えます。そして、関節にある靭帯などの硬い組織に頼って立つようになってしまうことがあります。

 

重心が大きくずれることで関節にかかる体重の通り道がずれて関節の一部に偏って多くに体重がかかります。

 

筋肉に硬い部分ができると周囲の血管など循環が悪くなるので、関節液の循環も悪くなるかもしれません。膝に溜まった水を注射で抜くとクセになるといったりしますが、注射でクセになることは無いと思います。

そもそも水が溜まる体質になっている訳です。

 

上記のように様々な要因が重なって膝の痛みがひどくなってきますが、やはりほとんどの膝の痛みのほとんどが膝の周囲の筋肉が硬くなることが始まりだと思います。

 

最後にもう一つ、

「膝が痛くなったので鍛えようと思って、散歩するようにしたら余計に膝が痛くなりました。」

と言われる方がいます。

太ももなどの筋肉にトリガーポイントが出来ている場合、散歩やスクワットで筋肉に負荷をかけると痛みが出るのは当然です。

筋肉を鍛える前に筋肉のコンディションを整えてから鍛えるべきです。

 

手術が必要な変形になる前にしっかりとケアに努めましょう!!

 

ホームページ

霧島市の腰痛·自律神経整体ORGA 予約制080-5203-0348

 

LINE@

@xmu9705